産毛用ノイズ(noise)は口コミの評価も高くて安心

女性なのにヒゲが生える…抜くべきなのか?

太いヒゲが生えるようになってしまったという悩みを抱える女性は
案外多いものです。学生のころや若いころは、産毛程度だった毛が
立派なヒゲに成長してしまったという人は少なくありません。
特に、ヒゲの悩みは20代〜30代の女性に多いと言われています。

 

すでに太いヒゲが生えるようになってしまった場合、抜くべきなのか?
迷いますよね。

 

今回は、女性なのに太いヒゲが生えている場合の抜くメリットとデメリット
についてご紹介します!

 

まずはヒゲを抜くメリットからです。

 

ずばり、一度抜いてしまえば綺麗になることですね。
剃るのではなく根元から抜いてしまうと、次に生えてくるまでにしばらく時間が
かかるので、頻繁に処理をしなくても済むのがメリットといえます。

 

剃るのと違い、肌が青く見えてしまうこともないので非常にきれいな仕上がりです。
毛抜きはドラッグストアでも安く売っているので、安価ですぐにひげの処理ができます。

 

続いてはデメリットです。

 

一つ目は、ひげを毛抜きで抜くことで肌を傷つける可能性があることです。
また、毛の流れに逆らって抜いてしまうと、毛が皮膚の中で渦を巻いたように
なり毛が表面に出てこられなくなる埋没毛ができることもあります。

 

ひげを抜くと皮膚にダメージを与えるので、長年ひげを抜き続けていると
皮膚の弱い部分は色素沈着してしまうこともあるでしょう。

 

二つ目のデメリットは、
毛を抜き続けるうちに毛が太くなってしまう可能性があることです。
ひげを毛抜きで抜くと毛乳頭にダメージを与えることができるため、
またひげが生えてきても細くなったり、生えにくくなることがあります。

 

しかし、逆に硬毛化といって、毛根を刺激することによって、それまで
産毛程度の細い毛だったものが太い毛に成長してしまう可能性もあるのです。

 

いかがでしたでしょうか?
ひげを抜くには一長一短あります。

 

やはり肌を守りながらひげを処理するなら永久脱毛がおすすめですが、
顔に光やレーザーを当てるはちょっと怖い…という人もいるでしょう。
自宅でできるひげの処理は抑毛クリームなどもおすすめです。

 

肌に優しく有効成分が働きかけ、次第にひげが生えにくくなるものです。
毛抜きを使ってひげの処理をしている人も、抑毛クリームを平行して
使うのもよいと思います。

 

ひげを毛抜きで抜いて処理するという方法も悪くはありませんが、
将来的にますます太い毛に成長してしまう可能性も0ではないということを
覚えておいてくださいね。